いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭

屋台の構造


 秋の高山祭には、11基の屋台があります。上部に大太鼓を載せた神楽台を除く10基が基本的に同じ形状をしており、布袋台(ほていたい)には「からくり人形」があります。なお、仙人台(せんにんたい)の屋台だけは屋根が唐破風屋根で他の屋台と若干趣が異なっています。基本的に同形ですが「動く陽明門」とも表現される高山祭りの屋台だけあって、それぞれに見事な彫刻や幕があり見ごたえ充分です。
 
屋台構造図(豊明台)
秋の高山祭 屋台構造図
 
屋台の構成要素
屋根棟飾り妻飾り軒裏上段飾り人形上段の天幕天井上段欄間中段中段欄間大幕板瓔珞瓔珞 / 毛房中段高欄下段彫刻絵画金具車輪
 
岐阜県高山市と富山県の曳山祭り 曳山の構造
春の高山祭秋の高山祭
高岡御車山伏木曳山八尾曳山城端曳山石動曳山新湊曳山海老江曳山大門曳山氷見曳山福野夜高祭
 

 
秋の高山祭
からくり人形奉納屋台一覧屋台の構造説明屋台曳き揃え屋台曳き廻し法被獅子舞御神幸宵祭桜山八幡宮お旅所屋台蔵駐車場地図
ページ先頭(秋の高山祭:屋台の構造説明)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.