いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 剱岳登山 > 早月尾根ルート > 馬場島

剱岳・早月尾根登山口


 剱岳・早月尾根登山口は、剱岳から西へ延びる早月尾根の末端?にある登山口です。馬場島荘や馬場島警備派出所のある馬場島の中心となっているあたりの標高は 750メートル、登山道の始まる剱岳・早月尾根登山口の標高は 770メートルです。馬場島荘などがある駐車場から剱岳・早月尾根登山口までは約420メートルです。登山口から早月尾根の松尾平まで距離にして約1.2km(登り1時間10分)です。
 さすが「岩と雪の殿堂」といわれる剱岳の登山口です。慰霊碑が建ち並ぶ登山口っての私、初めてです。心が引き締まる思いです、って写真を撮りに行っただけでこの時は剱岳に登っていませんが・・・。「試練と憧れ」と彫られた石碑が有名ですね。
 
剱岳・早月尾根登山口(写真:2014年10月30日16時00分撮影)
剱岳・早月尾根登山口
 
厳密にはここが剱岳登山口です。(写真:2014年10月30日15時59分撮影)
厳密にはここが剱岳登山口です。
 
剱岳・早月尾根登山口 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に剱岳への早月尾根にある剱岳・早月尾根登山口の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
剱岳・早月尾根登山口と周辺の施設
1. 公共駐車場:約30台分
2. 野営場脇の大岩
3. 馬場島野営場
4. 大窓への分岐:標高 760m
5. 「仰剱岳」の慰霊碑
6. 野営場北の多目的広場
7. 剱岳・早月尾根登山口への入口
8. 剱岳・早月尾根登山口:標高 770m
早月国有林
早月国有林
水源かん養保安林
 剱岳登山道入口
早月尾根の自然はきびしい環境の中で生きています。
みんなで大切にして楽しい登山をしましょう。
富山森林管理署
早月尾根コースタイム
剱岳頂上(標高 2,999m)
| 2.9km
早月小屋(標高 2,200m)
| 5.4km
現在地 馬場島(標高 760m)
 
環境省 富山森林管理署 上市町
 
「試練と憧れ」の石碑(写真:2014年10月30日15時56分撮影)、この石碑の由来は判りませんが上市ライオンズクラブによる建立(昭和50年10月12日)と思います。石碑背面には祠があります。
「試練と憧れ」の石碑
 
劔岳鎮魂の社(写真:2014年10月30日15時57分撮影)、「劔岳鎮魂の社 上市ライオンズクラブ認証30周年記念 平成7年10月22日建之」と書かれた社標柱があります。また祠に向かって左側には「鎮魂 昭和50年10月12日」と書かれた黒御影石の石柱があります。
劔岳鎮魂の社
 
「遠き神代の昔より・・・」の石碑(写真:2014年10月30日15時58分撮影)
「遠き神代の昔より・・・」の石碑
遠き神代の昔より変る事無き山の峰?(欠落)万古の雪を堪えて繁吹に岩を咬む状を現世に残す中部岳国立公園劔岳の山々渓々苦難に打ち克ち渓を渉り山を攀しが 敢なくも事成し得ず 此の山渓に眠る若人を偲べば実に痛恨の極み
而れども其の高き志を御名と共に千万世まで残し伝えんと之の社殿に納め奉り神鎮りまして 後に続く山岳人達の平穏を天翔り国翔り守り給え
憧れる心に試練があり 試練を越えてその道を歩き続けん
私達は自然の中に行き抜く山岳人の安全と散華した御霊安かれとの願いをこめて之を記す
 昭和50年10月5日
   上市ライオンズクラブ
     会長 橋本信夫
     施行 浜田文二
     書  吉田帰雲
 
「劔岳の諭」の石碑(写真:2014年10月30日15時58分撮影)
「劔岳の諭」の石碑
劔岳の諭
一、劔岳は岩と雪の殿堂である
  人身とも鍛錬された人々よ来れ
一、気象は激しく変動する
  冷静沈着な行動に徹せよ
一、掟は厳しい 力と勇気をもって苦難に挑め
一、自然は生命を躍動させる
  無垢な姿をとこしえに
一、山に寄せる心のたかまり 劔岳は逞しさと豊かさを育くむ
 1975年10月12日
贈 立山ライオンズクラブ
 
観音様の石像(写真:2014年10月30日15時58分撮影)
観音様の石像
観音様のお顔
観音様のお顔
無事カエルの蛙石
無事カエルの蛙石
 
「剱岳(やま)に祈る」の石碑(写真:2014年10月30日15時58分撮影)
「剱岳に祈る」の石碑
 

 
剱岳 早月尾根ルート
馬場島剱岳・早月尾根登山口松尾平(1000m地点)、 1551mピーク(1600m地点)、 主三角点の標石三等三角点「気和平」早月小屋2600m地点2800m地点獅子頭カニのハサミ剱岳 山頂
ページ先頭(剱岳登山:剱岳・早月尾根登山口)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.