いこまいけ高岡 > 砺波市 > 増山城跡

一ノ丸

いこまいけ高岡

 一ノ丸(いちのまる)は、和田川ダムからの上り口の山道と七曲がりと呼ばれる山道の交差した場所にある急な階段の坂(通称:正面階段)を上りきった場所にあります。
 本来「一ノ丸」とは城の本丸を指し、城主が居を構える場所です。増山城の近世絵図には、この場所にこの名が記されているため、一ノ丸と呼ばれていますが、面積や構造的に本丸とは考え難いです。大手口から近い順に番号を当てたために、本来の一ノ丸が「ニノ丸」とされ、大手口に近いこの場所が「一ノ丸」と記述されたものと推定されています。実際に訪れるとわかりますが、杉木立の狭い場所で案内板以外に一ノ丸と判るものは無く「やっぱり本丸ではない」と直感できます。
 
増山城跡・一ノ丸(写真:2009年4月11日撮影)
増山城跡・一ノ丸
 
増山城跡・一ノ丸 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に増山城跡・一ノ丸の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
緯度経度:北緯36度39分8.68秒 東経137度2分23.806秒
 

 
ページ先頭(増山城跡:一ノ丸)へもどる。
増山城跡
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.