いこまいけ高岡、砺波編
いこまいけ高岡 > 砺波市 観光案内 > 増山城跡

長尾為景塚


 長尾為景塚(ながお ためかげ つか)は、上杉謙信の父である長尾為景の墓といわれる塚です。場所は、増山城跡から南西に約2キロメートルの水田の一角にあります。
 戦国時代に越後守護代であった長尾氏は、越中の一向一揆勢や神保氏を討つために、長尾能景、為景、景虎(上杉謙信)の三代にわたりしばしば越中へ侵攻し、栴檀野(せんだんの)で戦が行われました。
 長尾為景の没地には諸説がありますが、越中において討ち死にし、栴檀野を没地とする説もあります。「越登賀三州志」では、天文14年(1542年)4月11日に為景が増山攻めで討死にしたと伝えており、この塚はその為景を葬った塚と地元では伝えられています。この塚がある場所は砺波市頼成新地内で、小字名を「長尾塚」といいます。
 また為景の父・能景は、永正3年(1506年)9月19日、芹谷野の戦い(般若野の戦い)で討死したとされ、為景塚の東180メートルの永田家屋敷にある塚が能景塚と伝えられています。
 
長尾為景塚(写真:2009年4月11日撮影)
長尾為景塚
 
長尾為景塚 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に増山城跡・長尾為景塚の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
緯度経度:北緯36度38分21秒 東経137度1分27秒
交通アクセス:国道359号線・頼成新交差点から約300メートル、為景塚には駐車場が無く、車の乗り入れも出来ません。
 

 
増山城跡
大手口F郭一ノ丸又兵衛清水石垣跡二ノ丸神水鉢鐘楼堂(隅櫓)、 馬洗池足軽屋敷跡神保夫人入水の井戸小判清水亀山城跡七曲がり増山城下町土塁跡城下町跡長尾為景塚
ページ先頭(増山城跡:長尾為景塚)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.