いこまいけ高岡 > 富山市 > 王塚・千坊山遺跡群

向野塚墳墓

いこまいけ高岡・富山市編

 向野塚墳墓(むかいのづか ふんぼ)は、弥生時代終末期から古墳時代初頭にかけて築造された富山県内最古の前方後方形墳丘墓です。六治古塚墳墓から北東に110メートルの場所に位置します。古墳の規模は、全長25.2メートル、前方部は長さ10.2メートル・幅8.1メートル、後方部は長さ15.0メートル・幅16.5メートル・頂部の高さ1.7メートル、くびれ部幅5.1メートルで、周溝が巡らさせています。遺跡群唯一の前方後方形墳丘墓で前方後方墳への過渡期の墳丘形態を示しています。居住域は、六治古塚墳墓と同じく千坊山遺跡と考えられています。
 
向野塚墳墓 地図(概略地図、航空写真、地形図)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に向野塚墳墓の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
1. 向野塚墳墓
2. 千坊山遺跡
3. 六治古塚墳墓
4. 添ノ山古墳
5. 勅使塚古墳
 
向野塚墳墓の発掘写真(婦中ふるさと自然公園内の説明板(富山県および富山市教育委員会 設置)を引用)
向野塚墳墓の発掘写真
 

 
ページ先頭(王塚・千坊山遺跡群:向野塚墳墓)へもどる。
王塚・千坊山遺跡群

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.