いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 高岡の祭り / 高岡古城公園

高岡万葉まつり


 高岡万葉まつりは、毎年10月上旬に高岡古城公園で開催されるイベントです。奈良時代には現在の高岡市伏木の地に越中国の国府が置かれ、万葉集の編纂者とされる大伴家持が5年間、越中国司として赴任しました。その間、美しい自然を愛し、約200首の万葉歌を詠みました。この様な歴史的背景から、万葉ゆかりの地となっており、伏木には国内で初めての万葉集をテーマとする「高岡市万葉歴史館」も開館しました。高岡万葉まつりのメインイベントは、古城公園のお濠に浮かべられた中の島特設水上舞台での「万葉集全20巻朗唱の会」です。三昼夜かけて万葉集全20巻4516首を約2000人が歌い継ぎます。
 
中の島特設水上舞台での万葉集朗唱
高岡万葉まつり
 
会場:高岡古城公園
駐車場:古城公園北駐車場または小竹藪駐車場、高岡市役所の駐車場
 
イベント内容(2008年版)
万葉集全20巻朗唱の会朗唱
その他行事
 

 
高岡の祭り
高岡御車山祭二上射水神社 築山行事伏木曳山祭高岡桜まつり高岡七夕まつり中田かかし祭福岡つくりもんまつり高岡万葉まつり
ページ先頭(高岡の祭り:高岡万葉まつり)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.