いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > 護衛艦 じんつう

ハープン発射機


 ハープン発射機(Harpoon launcher)は、対艦ミサイル「ハープン(Harpoon)」を格納・発射するための対艦兵器です。
 ハープーンは、1965年に開発(アメリカのマグダネル・ダグラス社が開発)が始まった対艦ミサイル(SSM:Surface to Surface Missile)です。艦上発射(RGM-85)・水中発射(UGM-84)・空中発射(AGM-84)の3タイプがあります。RGMとUGMでは固体ブースターが付き、UGMは耐圧カプセルに収められて魚雷発射管から打ち出されます。主翼とフィンは発射直後に展張され、テレダインJ402ターボジェットで海面すれすれを巡航します。目標の近くまではINSで飛行し、最終段階はレーダーで目標を捉えてホーミングします。発射筒(キャニスター)をまとめた4連装発射機は甲板に設置されますが、スタンダードSAMアスロックSUMの発射機からも発射できます。ハープーンは、英語で捕鯨用銛(もり)という意味です。
 
護衛艦じんつう ハープン発射機(写真:2008年5月10日撮影)
護衛艦じんつう ハープン発射機
 
ハープン性能諸元
詳細な説明と写真は「ハープーン艦対艦ミサイル発射機」をご覧ください。
 
海上自衛隊の護衛艦に搭載されるハープーン発射機
 

 
ページ先頭(護衛艦 じんつう:ハープン発射機)へもどる。
護衛艦 じんつう

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.