いこまいけ高岡 > 金沢市 > 金沢城

五十間長屋

いこまいけ高岡

 五十間長屋(ごじっけんながや)は、橋爪門続櫓から菱櫓に続く「多聞櫓(たもんやぐら)」です。武器や什器類の倉庫として利用された建物です。 2階へ上がると、太い松の梁等、木組をそのまま見ることができます。2箇所の石落があります。多聞櫓とは石垣や土塁の上に建てられる長屋造の櫓のことです。名前の由来は、1580年(永禄3年)、大和国を平定した松永久秀が多聞山城を築いた事が始まりで、その櫓の内に多聞天(四天王の1つで北の守神)を祀っていたことによると云われています。
 
写真中央が五十間長屋、左が橋爪門続櫓、右が菱櫓です。
五十間長屋
 
五十間長屋地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「五十間長屋」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に五十間長屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢城の見所  
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.