いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 東山地図 > 大谷本廟

大谷本廟 御荼毘所


 御荼毘所(おだびしょ)は、浄土真宗宗祖の親鸞聖人の火葬地と伝えられる場所です。親鸞聖人は、1262年(弘長2年)11月28日に善法坊(現在の角坊別院、京都市右京区山ノ内御堂殿町)において90歳で往生され、翌29日に東山の鳥辺野の南辺にあった延仁寺で火葬され、30日には鳥部野北辺「大谷」の地に葬られたと伝えられています。
 御荼毘所は、大谷墓地の北端にある大谷本廟の飛び地です。大谷本廟の二天門近くにある北門を出て、墓所の道を東へ進み、御荼毘所の説明板がある場所から墓の建ち並ぶ中を細い道を進みます。途中には看板が沢山あるので迷うことはありません。
 
大谷本廟 御荼毘所(写真:2009年10月27日撮影)
大谷本廟 御荼毘所
 
大谷本廟 御荼毘所 地図(Map of Odabi-sho, Otani-honbyo(Shinran's Mausoleum))、 オレンジ色マーカが御荼毘所のある場所、地図の赤線が大谷本廟 北門から御荼毘所までの道順です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大谷本廟にある御荼毘所の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 御荼毘所
  2. 大谷本廟 仏殿(本堂)
  3. 大谷本廟 北門
  4. 多宝山 実報寺
  5. 鳥辺山 帝釈天王 通妙寺
  6. 本寿寺
 

 
大谷本廟の伽藍と見所
御荼毘所総門仏殿二天門明著堂祖壇八角堂読経所守衛所鐘楼本廟会館親鸞聖人像大谷本廟内石窟円通橋師弟愛の碑覚信尼公碑戦没者記念堂殉教碑肉弾三勇士の墓境内地図
ページ先頭(大谷本廟:御荼毘所)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.