いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 上京区の近代建築物

大丸ヴィラ


 大丸ヴィラ(旧下村正太郎邸宅)は、元大丸百貨店社主の旧宅(下村家)で、W.M.ヴォーリズ建築事務所の設計により1932年(昭和7年)に建築(施工は清水組)されました。16世紀のイギリスで流行したチューダー様式でまとめられた鉄筋コンクリート3階建ての建築物で、家具も建物と計画に設計されたもので、昭和初期の京都を代表する洋風住宅の一つです。主棟を南北に置き、東西に2つの支棟をを出し、幾つかの妻面にレンガ積みの煙突を設けています。壁面上層部は、太い柱材を見せるハーフティンバー装飾となっています。建物は、京都市登録文化財に指定されています。敷地内を含めて内部非公開です。烏丸通から外観を眺められるのみです。歩道から普通にみると、高い塀と樹木で建物はなんとなくしか見えませんが、2つある門の隙間(窓)から建物を覗き見ることが出来ます。
 
大丸ヴィラ(写真:2017年1月28日15時58分撮影)
大丸ヴィラ
 
大丸ヴィラ 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大丸ヴィラの地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
大丸ヴィラ 住所:〒602-8023 京都府京都市上京区烏丸通丸太町上る春日町433-2
 
大丸ヴィラと周辺の近代建築物と観光名所および交通機関
1. 京都地下鉄 烏丸線 丸太町駅
2. 大丸ヴィラ(旧下村正太郎邸宅)
3. 菅原院天満宮
4. 日本聖公会 聖アグネス教会 聖堂
5. 平安女学院 明治館
6. 平安女学院 昭和館
7. 閑院宮邸跡
8. 旧九条家
9. 宗像神社
10. 有栖川宮旧邸:現 平安女学院大学 有栖館
11. ザ・パレスサイドホテル
 
チューダー様式の美しい洋館(写真:2017年1月28日15時57分撮影)
チューダー様式の美しい洋館
 
大丸ヴィラ(写真:2008年11月12日撮影、木が茂っているのでよくわかりません・・・)
大丸ヴィラ
 

 
上京区の近代建築物
同志社大学京都府庁 旧本館聖アグネス教会平安女学院 明治館平安女学院 昭和館京都府警察本部西陣IT路地大丸ヴィライベントスペース・サラ京都市考古資料館旧待賢小学校協繊株式会社
ページ先頭(京都市上京区の近代建築物:大丸ヴィラ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.