いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 上京区の近代建築物

京都市考古資料館


 京都市考古資料館(旧西陣織物館)は、西陣織を陳列する西陣織物館として、本野精吾の設計により、1914年(大正3年)に建築されました。煉瓦造3階建(現在は構造補強のため外壁内側に鉄筋コンクリート補強あり)ですが、様式主義建築には見られない簡素な手法に特色が見られます。1979年(昭和54年)の補強工事により、内部は三階の貴賓室を除き大きく改造されていますが、外壁と貴賓室内装は建築当初の姿のまま残されています。
 京都市考古資料館の建物は、1984年(昭和59年)6月1日に京都市登録有形文化財に指定されました。現在は、京都市考古資料館(京都市埋蔵文化財研究所 運営)となり公開されています。入館料は無料、開館時間は午前9時から午後5時まで(入館は午後4時半まで)です。
 
京都市考古資料館(写真:2009年10月28日撮影)、建物正面(南面)
京都市考古資料館
 
京都市考古資料館 地図(Map of Kyoto City Archaeological Museum and Research Institute)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都市考古資料館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
京都市考古資料館 住所:京都府京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町
 
京都市考古資料館と周辺の観光名所
  1. 京都市考古資料館
  2. 西陣織会館
  3. 晴明神社
京都市考古資料館の写真
正面玄関
正面玄関

建物東面
建物東面

2階窓
2階窓

3階窓
3階窓

屋根
屋根

西陣石碑
西陣石碑

 

 
上京区の近代建築物
同志社大学京都府庁 旧本館聖アグネス教会平安女学院 明治館平安女学院 昭和館京都府警察本部西陣IT路地大丸ヴィライベントスペース・サラ京都市考古資料館旧待賢小学校協繊株式会社
ページ先頭(京都市上京区の近代建築物:京都市考古資料館)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.