いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 上京区の近代建築物

新島襄旧邸


 新島襄旧邸は、同志社の創立者新島襄の私邸として、宣教医W.テーラーの助言を得ながら彼自身が設計したと伝えられ、1878年(明治11年)に建築されました。明治時代初期の和洋折衷住宅の特色をよく伝えています。また、内部には 明治初期から昭和初期の家具57点が残 されています。建物は、京都市文化財に指定されています。
 
新島襄旧邸 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に新島襄旧邸の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
新島襄旧邸 住所:京都府京都市上京区寺町通丸太町上る松蔭町
 

 
上京区の近代建築物
同志社大学京都府庁 旧本館聖アグネス教会平安女学院 明治館平安女学院 昭和館京都府警察本部西陣IT路地大丸ヴィライベントスペース・サラ京都市考古資料館旧待賢小学校協繊株式会社
ページ先頭(京都市上京区の近代建築物:新島襄旧邸)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.