いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 近代建築物 > 中京区の近代建築物 > 三条通の近代建築物

文椿ビルヂング


 文椿ビルヂングは、三条通と両替町通が交差する角地に位置しています。1920年(大正9年)建築の木造コンクリート2階建ての事務所建築で、外壁はタイル張で三条通に面した南面中央の入口部は8角断面を半割した片蓋柱で飾っています。小屋組をキングポストトラスとし、銅板及びスレート葺のマンサード屋根を架けています。建築当初は西村貿易会社の社屋として使用され、繊維問屋や呉服商社が引き継ぎ、2004年に改装工事が行われ、現在は多店舗が入居する商業施設「文椿ビルヂング(ふみつばき)」として利用されています。国登録有形文化財(第26-0208号)となっています。
 
文椿ビルヂング(写真:2008年11月12日撮影)
文椿ビルヂング
 
文椿ビルヂング 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に文椿ビルヂングの地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
文椿ビルヂング 住所:京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町79
 
文椿ビルヂングの写真
三条通に面した正面入口
正面入口
マンサード屋根の窓
マンサード屋根の窓
文椿のマーク?
文椿のマーク
屋根下部の装飾
屋根下部の装飾
 

 
三条通と周辺の近代建築物
文椿ビルヂングみずほ銀行 京都中央支店新風館平楽寺書店中京郵便局庁舎外観京都文化博物館 別館日本生命京都三条ビルSACRAビル家邊徳時計店1928ビル分銅屋足袋五藤家住宅富田歯科医院
ページ先頭(三条通の近代建築物:文椿ビルヂング)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.