いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 近代建築物 > 中京区の近代建築物 > 三条通の近代建築物

SACRA


 SACRA(旧不動貯金銀行 京都支店)は、三条通の銀行建築として、日本建築株式会社の設計により1916年頃(大正5年頃)に建てられました。1階が煉瓦造、2階と3階が木骨煉瓦造で造られています。外観は全体としてルネサンス風ですが、細部には幾何学的な意匠を用いるセセッションと呼ばれる様式が用いられています。現在はテナントビルとして活用されています。国登録有形文化財(第26-0008号)となっています。
 不動貯金銀行は、1900年に牧野元次郎(千葉県出身、1874年生~1942年没)により設立された貯蓄銀行で合併(1945年5月)直前には日本最大の貯金銀行となりました。合併で日本貯蓄銀行となり、1948年(昭和23年)に普通銀行に転換し協和銀行となりました。
 
SACRA(写真:2008年11月11日撮影)
SACRA
 
SACRA 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にSACRAの地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
SACRA 住所:京都府京都市中京区三条通富小路西入中之町
 
SACRAの写真
正面上部のマーク
正面上部のマーク
昼間のSACRAビル
昼間のSACRAビル
正面3階
正面3階
正面中央の装飾
正面中央の装飾
 

 
三条通と周辺の近代建築物
文椿ビルヂングみずほ銀行 京都中央支店新風館平楽寺書店中京郵便局庁舎外観京都文化博物館 別館日本生命京都三条ビルSACRAビル家邊徳時計店1928ビル分銅屋足袋五藤家住宅富田歯科医院
ページ先頭(三条通の近代建築物:SACRA)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.