いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 近代建築物 > 中京区の近代建築物

京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂


 京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂は、京都府庁舎旧本館などを設計した京都府技師・松室重光の設計・監督により1901年(明治34年)に建築(木造平屋建、下見板張)されました。ロシア・ビザンティン様式の木造の聖堂として、日本最古に属する本格的聖堂・会堂遺構といわれています。内部に残る聖障(イコノスタス、ロシア正教会から寄付されたモスクワ製の聖像)が見事です。聖堂は、京都市指定文化財となっています。
 
京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂 住所:京都府京都市中京区柳馬場通二条上る六丁目
 

 
中京区の近代建築物
三条通文椿ビルヂングみずほ銀行 京都中央支店中京郵便局京都文化博物館 別館日本生命京都三条ビルSACRAビル家邊徳時計店1928ビル京都文化博物館)、 新風館平楽寺書店三井住友銀行 京都支店旧北国銀行 京都支店先斗町歌舞練場京都芸術センター旧明倫幼稚園ムラナカ理髪店やきとり大吉 二条店 / スナック真琴京都市役所
ページ先頭(中京区の近代建築物:京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.