いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥

亀石

いこまいけ高岡

 亀石(かめいし)は、製作された年代や目的が明らかではありませんが、川原寺の四至(寺領の四方の境界)を示す標石と考える説が有力です。亀石は花崗岩で出来ており、大きさは長さ3.6メートル、幅2.1メートル、高さ1.8メートルの巨大な石造物です。上部は自然石のまま、地面近くの下部にはユーモラスな亀の顔と手が彫られています。
 この亀石には伝説が残されています。太古の昔、大和(奈良盆地)が湖であった時代に、湖の対岸の当麻と、ここ川原の間に争いが起こりました。長い争いの末に湖の水を当麻に取られてしまいました。そのため、湖に住んでいた多くの亀が死にました。何年か後に亀を哀れに思った村人達は、亀の姿を石に刻んで供養したと云われています。以前は北を向き、次に東を向いたと云われ、現在、亀は南西を向いていますが、西を向き当麻を睨みつけると、大和盆地が泥沼になると伝えられています。
 
亀石(写真:2009年10月25日撮影)
亀石
 
亀石 地図(Map of Kameishi = Turtle Stone)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に亀石の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
場所:奈良県高市郡明日香村川原
  1. 亀石
  2. 舟形光背のお地蔵さん
亀の顔
亀の顔
 

 
ページ先頭(飛鳥:亀石)へもどる。
明日香村 観光名所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.