いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥

岡寺

いこまいけ高岡

 岡寺(おかでら)は、天智天皇の時代に義淵僧正(きえん そうじょう)によって創建されたと伝えられています。現在の岡寺は、真言宗豊山派に属する寺院で、正式名称は「東光山 真珠院 龍蓋寺」、西国観音霊場三十三箇所の第七番札所となっています。本堂に安置されている岡寺の本尊は如意輪観音像で、塑像としては日本最大の仏像です。また胎内仏であったといわれる金銅半伽像は白鳳時代の様式で、仁王門や書院などとともに国の重要文化財に指定されています。4月中旬から5月中旬頃にはシャクナゲとツツジ、秋には紅葉が美しいです。
 創建時の岡寺は、現在地に隣接する治田神社(はるた じんじゃ)境内と推定され、神社付近から葡萄唐草文軒平瓦などの白鳳時代の瓦が出土しています。
 
岡寺(写真:2009年10月25日撮影)
岡寺
仁王門
仁王門

本堂
本堂

楼門
楼門

三重宝塔
三重宝塔

鐘楼
鐘楼

十三重石塔
十三重石塔

 
岡寺 地図(Map of Oka-dera Temple)、岡寺 境内地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に岡寺の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡806
岡寺 交通アクセス:近鉄橿原神宮駅下車し、東口より奈良交通バスに乗り、岡寺前バス停で下車し、徒歩10分
  1. 岡寺
  2. 駐車場
  3. 治田神社
  4. 治田神社バス停(奈良交通バス 37系統)
  5. 岡本寺
  6. 岡寺前バス停(明日香周遊バス(赤かめ))
  7. 犬養万葉記念館(南都明日香ふれあいセンター)
  8. 伝飛鳥板蓋宮跡
拝観案内
岡寺の文化財
 

 
ページ先頭(飛鳥:岡寺)へもどる。
明日香村 観光名所
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.