いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥

鬼の俎

いこまいけ高岡

 鬼の俎(まな板)は、封土を失った古墳の石室の一部(鬼の俎はその底板)と考えられています。元は、花崗岩の巨石を精巧に加工した底板(現在の鬼の俎)・蓋石(現在の鬼の雪隠)・扉石の3個を組み合わせたものだったようです。現在は、底板と蓋石だけが分離して残っています。646年(大化2年)の薄葬令(はくそうれい)の規制にあわせたサイズで造られています。陪塚(ばいちょう)であったと考えられており、宮内庁から陵墓参考地に指定されています。飛鳥ではこの地域を「霧が峰」と呼び、鬼が住み通行人に霧を降らせ、迷ったところを捕まえて鬼の俎の上で料理し、鬼の雪隠で用を足したとの伝説が残されています。遊歩道を挟んで南側の山裾に鬼の雪隠があります。
 鬼の俎の大きさは、長さ約4.5メートル、幅約2.7メートル、厚さ約1メートルです。俎には、多数の穴が開けられており、割り取ろうとした形跡が残されています。これは高取城建設の際に、石垣の石材として利用しようとしたためと考えられています。
 
鬼の俎(写真:2009年10月25日撮影)
鬼の俎
 
鬼の俎 地図(Map of Oni no manaita)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に鬼の俎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
場所:奈良県高市郡明日香村平田
  1. 鬼の俎
  2. 鬼の雪隠
  3. 天武天皇・持統天皇陵
石室想像図(明日香村・飛鳥保存財団設置の現地説明板より)
石室想像図
 

 
ページ先頭(飛鳥:鬼の俎)へもどる。
明日香村 観光名所
 
奈良市のホテルと旅館
奈良市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.