いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 明日香村

定林寺跡


 定林寺跡(じょうりんじあと)は、聖徳太子建立四十六ヶ寺の一つと伝えられています。寺跡からは飛鳥時代の瓦片などが出土しています。定林寺の寺域は比較的狭く発掘調査によって、塔跡と土壇および礎石などの遺構が確認されています。また塔心礎から塑像・菩薩像の首が見つかっています。定林寺跡は、1966年(昭和41年)に国の史跡に指定されました。
 国史跡に指定される以前の定林寺跡には春日神社がありましたが、指定後は約50メートルほど山裾に遷座しました。また定林寺跡から約70メートル程の場所には現在の定林寺があります。
 
定林寺跡(写真:2009年10月25日撮影)
定林寺跡
 
定林寺跡の土壇(塔跡)
定林寺跡の土壇
 
定林寺跡 地図(Map of Site of Jorin-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に定林寺跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
場所:奈良県高市郡明日香村大字立部
 
定林寺跡と周辺の見所
1. 定林寺跡
2. 春日神社
3. 定林寺
4. 明日香村健康福祉センター たちばな:日帰り温泉
 

 
明日香村の観光名所
高松塚古墳石舞台古墳酒船石亀石鬼の雪隠飛鳥寺橘寺岡寺伝飛鳥板蓋宮跡飛鳥資料館甘樫丘古墳宮跡お寺石造物詳細地図
ページ先頭(明日香村:定林寺跡)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.