いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 興福寺

興福寺 菩提院大御堂


 菩提院大御堂(通称:十三鐘(じゅうさんがね))は、五重塔の南、三条通りを渡ったところに建つ、興福寺の子院です。奈良時代の玄昉僧正の旧跡と伝えられ、発掘調査では鎌倉時代初期の遺構跡が見つかり、鎮壇具が出土しています。現在の堂は、1580年(天正8年)の再建(桁行5間、梁行5間、正面向拝、寄棟造、本瓦葺)で、本尊阿弥陀如来坐像(国指定重要文化財)、不空羂索観音菩薩像、稚兒観音菩薩像などを安置しています。
 
興福寺 菩提院大御堂 地図(中央の赤マーカーの場所が菩提院大御堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良県奈良市の興福寺にある菩提院大御堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(興福寺:菩提院大御堂)へもどる。
興福寺
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.