いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 興福寺

興福寺 五重塔


 五重塔(国宝)は、730年(天平2年)に興福寺を創建した藤原不比等の娘・光明皇后の発願で創建された塔です。創建後、5度の焼失と再建を経て、現存の塔は室町時代の1426年頃(応永33年頃)の再建です。高さが50.8メートルあり、木造塔としては京都にある東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高いものとなっています。現在の塔は、創建当初の場所に再建され、三手先斗栱(みてさきときょう、軒を支える組物)を用いるなど奈良時代の塔建築様式を用いつつ、中世的で豪快な手法も大胆に取り入れています。創建当初の五重塔は、高さは約45メートルで、当時日本で最も高い塔でした。各層には水晶の小塔と垢浄光陀羅尼経(くじょうこうだらにきょう)が、また初層には4天柱の各方、つまり東に薬師浄土変、南に釈迦浄土変、西に阿弥陀浄土変、北に弥勒浄土変が安置されていました。なお、現在でもその伝統を受け継ぐ薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像が安置されています。
 
興福寺 五重塔(写真:2011年11月8日撮影)
興福寺 五重塔
 
五重塔と東金堂のパノラマ写真
五重塔と東金堂のパノラマ写真
 
興福寺 五重塔 地図(Map of Five-story pagoda, Kofuku-ji Temple, Nara City, Japan)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良県奈良市の興福寺にある五重塔の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
中央の赤マーカーの場所が五重塔です。
 
五重塔と周辺の見所
  1. 五重塔:1426年頃(応永33年頃)再建、国宝
  2. 東金堂:1415年(応永22年)再建、国宝
  3. 国宝館:阿修羅などの興福寺所蔵の仏像や寺宝を展示する施設
  4. 仮金堂:講堂跡に建つ建物で、薬師寺の旧金堂を移築
  5. 中金堂跡:2018年完成に向けて再建工事中
  6. 中門跡基壇
  7. 南大門跡
  8. 興善院
  9. 南円堂:1789年(寛政元年)再建、国指定重要文化財
  10. 三重塔:1180年(治承4年)の焼失のあと間もなく再建、国宝
  11. 本坊
  12. 大湯屋:1426年(応永33年)頃再建、国指定重要文化財
  13. 菩提院大御堂:1580年(天正8年)再建
  14. 猿沢池
興福寺 五重塔の写真
五重塔の全体写真
五重塔の全体写真
相輪
相輪
水煙
水煙
特別公開
特別公開
ライトアップ
ライトアップ
猿沢池から見た五重塔
猿沢池から見た五重塔
 
サイト内で紹介している五重塔
奈良: 法隆寺 五重塔興福寺 五重塔室生寺 五重塔元興寺 五重小塔海龍王寺 五重小塔長谷寺 五重塔
京都: 東寺 五重塔醍醐寺 五重塔八坂の塔(法観寺 五重塔)、
 

 
興福寺の伽藍
国宝館東金堂五重塔南円堂北円堂三重塔大湯屋境内地図
ページ先頭(興福寺:五重塔)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.