いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 興福寺

興福寺 中門跡基壇


 中門跡基壇(ちゅうもんあときだん)は、南円堂五重塔の間にあります。かつては、中門から中金堂まで続く廻廊がありました。2009年現在、中門跡と同様に基壇の整備中です。
 発掘調査や昔の絵図から中門は、単層で屋根は切妻造り、東西五間 23メートル、南北二間 8.4メートルの規模で、正面中央三間を扉とし、扉の南面と北面に階段が設けられていました。基壇の規模は、東西27メートル、南北14メートルです。廻廊は中門から東西に張り出し、北に伸びて、それぞれ中金堂の側面に取り付く形となっていました。廻廊基壇は、東西87メートル、南北68メートル、基壇幅10メートルとなっていました。
 
興福寺 中門跡基壇(写真:2009年10月24日撮影)
興福寺 中門跡基壇
 
興福寺 中門跡基壇 地図(中央の赤マーカーの場所が中門跡基壇です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良県奈良市の興福寺にある中門跡基壇の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(興福寺:中門跡基壇)へもどる。
興福寺
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.