いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 東大寺 > 大仏殿

大仏殿 唐破風


 大仏殿の屋根一層目にある唐破風は、江戸時代前半の1709年(宝永6年)に大仏殿が再建されたときに新たに付けられたもので、創建当初や2代目の大仏殿にはこの様な唐破風はありませんでした。
 
大仏殿 唐破風の写真
大仏殿 唐破風
蟇股:唐獅子
唐獅子の蟇股
菊花の装飾
菊花の装飾
懸魚:中央の丸は「盧舎那仏を表す梵字」
中央の丸は「盧舎那仏(大仏)を表す梵字」
唐破風下の壁面は扉
唐破風下の壁面は扉で、扉が開くと外から大仏様の顔が見られます
 

 
ページ先頭(東大寺・大仏殿:唐破風)へもどる。
東大寺 大仏殿
 

 
奈良市のホテルと旅館
奈良市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2011 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.