いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 東大寺 > 大仏殿

奈良の大仏(盧舎那仏)


 盧舎那仏(るしゃなぶつ、通称:奈良の大仏、国宝)は、像高14.98メートル、頭部5.41メートル、目長1.02メートル、耳長2.54メートル、台座高さ3.05メートルもある日本最大の大仏です。752年(天平勝宝4年)の創建(開眼)以来、二度の兵火にかかり焼失と再建を繰り返し、現存する盧舎那仏は江戸時代前期の1691年(元禄4年)に完成したものです。頭部は江戸時代、胴体部は大部分が鎌倉時代から室町時代の補修です。台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部、台座の一部(蓮弁)などは創建時(天平時代)の部分です。「銅造盧舎那仏坐像」の名前で国宝(彫刻部門)に指定されています。
 ちなみに日本三大大仏(日本三大仏)と言えば、奈良大仏・鎌倉大仏(この上位2つは全国的に確定)ですが3つ目がたくさんあります。有名どころでは、富山県高岡市にある「高岡大仏(銅造阿弥陀如来坐像、総高15.85メートル、1932年完成)」、岐阜県岐阜市の正法寺にある「岐阜大仏(釈迦如来、像高13.7メートル、1832年完成)」などがあります。
 
盧舎那仏(奈良の大仏、写真:2008年11月9日撮影)
奈良の大仏
お顔
お顔
光背の仏像:化仏(けぶつ、16体)
化仏
金銅蓮弁:蓮華厳世界の線刻画
金銅蓮弁
蓮の花
蓮の花
印相:右手は施無畏印、左手は与願印
印相
光背の裏側:雲の文様
光背の裏側
 

 
ページ先頭(東大寺・大仏殿:盧舎那仏)へもどる。
東大寺 大仏殿
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.