いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 東大寺 > 大仏殿

金銅八角燈籠


 金銅八角燈籠(国宝、1956年(昭和31年)6月28日指定、高さ4.6メートル)は、大仏殿の正面に立つ燈籠です。度々、修理されていますが、基本的には奈良時代創建時のものと同形です。火袋には楽器(竽・銅跋子(シンバル)・縦笛・横笛)を奏する音声菩薩(おんじょうぼさつ)と呼ばれる天女像の浮き彫り(4面)があります。他の4面は、扉になっており唐獅子が浮き彫りされています。
 
大仏殿 金銅八角燈籠(写真:2008年11月9日撮影)
大仏殿 金銅八角燈籠
竽(う)を奏でる音声菩薩
竽を奏でる菩薩
銅跋子(シンバル)を持つ音声菩薩
シンバルを持つ菩薩
縦笛を吹く音声菩薩
縦笛を吹く菩薩
横笛を吹く音声菩薩
横笛を吹く菩薩
 

 
ページ先頭(東大寺・大仏殿:金銅八角燈籠)へもどる。
東大寺 大仏殿
 

 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.