いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 宇陀市地図 > 室生地区地図

室生寺


 室生寺(むろうじ)は、真言宗室生寺派大本山の寺院で、山号は宀一山(べんいちさん)で、本尊は金堂(国宝)に安置されている釈迦如来(国宝)です。かつて高野山が女人禁制だった時代に、室生寺が女性の救済を目的として女性に開かれていたため「女人高野」の別名があります。境内には、シャクナゲ(石楠花)が多く植えられており、シャクナゲの名所としても知られています。
 この室生寺は、興福寺の高僧であった賢璟(けんきょう)がこの地で皇太子山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒を祈願したのが開基とされ、創建年は奈良時代末期の宝亀年間(770年から781年)です。室生寺は、宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹にかけて、国宝の金堂・本堂(灌頂堂)・五重塔や国重要文化財の弥勒堂五輪塔奥の院にある御影堂・納経塔(石造二重塔)などの伽藍が点在しています。
 
室生寺(写真:2011年11月7日撮影)、鎧坂の階段下から見た金堂
室生寺
 
室生寺 地図(Map of Muro-ji Temple, Muro, Uda City, Nara, Japan)、室生寺境内地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良県宇陀市室生地区にある室生寺の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒633-0421 奈良県宇陀市室生区室生78、公式Webサイト:女人高野 室生寺
 
室生寺と周辺の観光名所と交通機関
室生寺の写真(各伽藍の写真は室生寺境内地図のリンク先からもご覧頂けます。)
表門
表門
仁王門
仁王門
鎧坂
鎧坂
金堂
金堂
(国宝)
弥勒堂
弥勒堂
(国重文)
本堂
本堂
(灌頂堂、国宝)
五重塔
五重塔
(国宝)
奥の院
奥の院
御影堂
御影堂
(大師堂、国重文)
 

 
ページ先頭(宇陀市:室生寺)へもどる。
宇陀市室生地区
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.