いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 飛騨市 > 古川祭 > 屋台

清曜台


 清曜台(せいようたい、三之町上組)の最初の屋台は、「扇子台」といって、江戸時代後期の1818年(文政元年)ころに創建されました。当時この屋台は三之町全体での所有となっており、1839年(天保10年)頃に、三之町が上組と下組に別れた時に、扇子台は抽選で上組の所有となり、「清曜台」に改称され曳行していました。「清曜」とは、清く輝くという意味です。台紋は「剣三つ星」を使っており、剣は清を表わし、星は曜を表わしています。
 1893年(明治26年)の例祭で曳行中に屋台が転倒・大破したために改築が行なわれました。さらに1933年(昭和8年)から8年間の歳月を費やし、古川町の大工棟梁・上谷彦次郎によって大改築が行なわれ、1941年(昭和16年)4月に竣工したのが現在の屋台(扇子台の一部の金具を流用)です。見送り幕一(本楽祭)は旧公爵・近衛文麿 書「八紘一宇」、見送り幕二(試楽祭)は今尾景祥 筆「海浜老松の図」、工匠は古川町の大工棟梁・上谷彦次郎、彫刻は富山県井波町(現在の南砺市)の大島五雲(中段 大鷹)と富山県井波町の岡部圭秀(下段 波に千鳥、龍、鯉、亀)および古川の彫師・蜂谷理八(中段 牡丹と唐草)、塗師は古川町の渡辺正八と神出貞三、金具は高山町の不破健人となっています。
 
清曜台 写真
清曜台の屋台 全景
清曜台
清曜台 背面
清曜台 背面
 
清曜台 屋台の構成要素毎の写真
見送り幕
見送り幕
桜と屋台
桜と屋台
屋根
屋根
軒裏
軒裏
妻飾り
妻飾り
上段
上段
板瓔珞
板瓔珞
毛房
毛房
中段欄間
中段欄間
下段
下段
車輪
車輪
 

 
古川祭 屋台
神楽台青龍台鳳凰台金亀台三光台龍笛台麒麟台白虎台清曜台
ページ先頭(古川祭:清曜台)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.