いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山の意匠 > 飲中八仙歌

飲中八仙歌 李白

いこまいけ高岡

 李白(りはく、701年生 - 762年没)、唐代の詩人。杜甫と並び称され、飄々とした詩風から「詩仙」と後代の人々に呼ばれる。
 
飲中八仙歌での李白
「李白一斗詩百篇、長安市上酒家に眠る、天子呼来れども船に上らず、自ら称し臣は是酒中の仙と。」
意訳、
「一斗の酒を飲めば百篇の詩が吐き出され、長安の酒場で眠り、天子の召し出しがあっても「自分は酒飲み仙人」だと嘘吹く。」
 
八尾曳山 東町 八枚彫
李白
 
出町子供歌舞伎曳山 東 高欄
李白
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:飲中八仙歌 李白)へもどる。
飲中八仙歌
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.