いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 航空自衛隊

救難ヘリコプター UH-60J


UH-60Jは、アメリカのヘリコプター製造会社「シコルスキー・エアクラフト」が開発したUH-60 ブラックホークを日本の自衛隊がV-107の後継機として独自改良した救難ヘリコプターです。三菱重工業がライセンス生産を行っています。航空自衛隊(白と黄色の塗装またはダークブルーの洋上迷彩塗装)と海上自衛隊(白とオレンジ色の塗装)に配備されています。また陸上自衛隊には多用途ヘリコプター UH-60JA として配備されています。
 
救難ヘリコプター UH-60J(写真:2009年8月30日 富山県小矢部市でのヘリコプター&防災フェスティバルにて撮影)
救難ヘリコプター UH-60J
この機体「28-4577」の所属は小松救難隊(小松基地)です。
 
名称:UH-60J
種別:救難ヘリコプター(救難機)
乗員:5人+12人
機体 エンジン 2基 全備重量:約10.0トン
最大速度:143kt(約265km/h)
巡航速度:127kt(約235km/h)
航続距離:約1295km
実用上昇限度:13500フィート(約4000m)
 
救難展示飛行を行うUH-60J
救難展示飛行を行うUH-60J
気象レーダー
気象レーダー
赤外線監視装置
赤外線監視装置
フライトレコーダー
フライトレコーダー
増槽タンク
増槽タンク
救助用ホイスト
救助用ホイスト
バブルウインドウ
バブルウインドウ
エンジン
エンジン
メインローター基部
メインローター基部
後部ローター
後部ローター
操縦席
操縦席
前輪
前輪
後輪
後輪
 

 
航空自衛隊 装備(航空機)
F-15J イーグルF-2 戦闘機F-4EJ改 ファントムIIRF-4E 偵察機T-4 練習機T-400 多発機訓練機T-7練習機C-1 輸送機C-130H 輸送機C-130H 輸送機 水色塗装CH-47J 輸送ヘリコプターCH-47J(LR) 輸送ヘリコプターE-2C ホークアイE-767 早期警戒管制機UH-60J 救難ヘリコプターUH-60J 救難ヘリコプター 洋上迷彩U-125A 救難捜索機U-4 多用途支援機F-104J スターファイター 要撃戦闘機(退役済)、 T-33A 練習機(退役済)、 T-3 練習機(退役済)、 T-2 練習機(退役済)、 T-1 練習機(退役済)
ページ先頭(航空自衛隊:救難ヘリコプター UH-60J)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.