いこまいけ高岡 > 金沢市 > 兼六園

七福神山

いこまいけ高岡

 七福神山(しちふくじんやま)は、1822年(文政5年)に建てられた竹沢御殿から眺めるために造られた築山(つきやま)です。自然石を左から順に「恵比須」「大黒天」「寿老人」「福禄寿」「布袋」「毘沙門天」「弁財天」に見立てて配しています。このため別名「福寿山」とも呼ばれています。
 
七福神山
 
七福神山地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「七福神山」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に七福神山の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭へもどる。
兼六園の見所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.