いこまいけ高岡 > 金沢市 > 兼六園

夕顔亭

いこまいけ高岡

 夕顔亭(ゆうがおてい)は、1774年(安永3年)に建てられた茶室です。裾壁に夕顔の透かし彫りがあるため夕顔亭と呼ばれています。本席は、三畳台目で相伴畳(しょうばんだたみ)を構えた大名茶室となっています。藩政時代は翠滝(みどりたき)を眺められることから「滝見のの御亭(たきみのおちん)」とも呼ばれていました。
 
夕顔亭
 
夕顔亭地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「夕顔亭」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に夕顔亭の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭へもどる。
兼六園の見所  
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.