いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 上京区地図 / 衣笠地図 > 北野天満宮

北野天満宮 石の間


 石の間(いし の ま)は、豊臣秀頼が1607年(慶長12年)に造営したもので、国宝に指定されています。桁行三間、梁間一間、一重、両下造、檜皮葺です。石の間は、本殿拝殿を接続する建物で権現造(代表例としては、この北野天満宮の他に日光東照宮など)の特徴となっている建物です。
 内部には入れないので装飾がどうなっているかは不明ですが(まぁ祈祷料を払えば拝殿から見えるでしょう)、外観ならば側面(下の写真)にある蟇股とイチョウの透かし彫りの装飾が見所といえます。
 
北野天満宮 石の間(写真:2009年10月28日撮影)
北野天満宮 石の間
 
石の間 イチョウの透かし彫り
イチョウの透かし彫り
 
石の間 蟇股:写真は西面にある「梅と松」の蟇股、西面には他に「タンポポ」「孔雀に松」の蟇股があります。東面にも3つの蟇股がありますが、見落としたのでデザインは不明です。
イチョウの透かし彫り
 
北野天満宮 石の間 地図(Map of Ishi-no-ma Hall, Kitano-tenman-gu Shrine)、赤色マーカが石の間のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北野天満宮にある石の間の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
石の間と周辺の社殿および見所
1. 拝殿:国宝
2. 楽の間:国宝
3. 石の間:国宝
4. 本殿:国宝
5. 透塀:国重文
6. 後門:国重文
7. 回廊:国重文
8. 三光門(中門):国重文
9. 地主神社
10. 老松社 島田忠臣翁
11. 北の八社
12. 井戸
13. 神明社
14. 文子社
15. 紅梅殿
16. 神馬舎
17. 社務所
 

 
北野天満宮の社殿と見所
本殿拝殿石の間楽の間透塀回廊後門三光門楼門回廊渡邊綱の灯籠地主神社竈社文子天満宮北門東門宝物殿東向観音寺御土居一の鳥居なで牛境内地図(北半分)境内地図(南半分)
ページ先頭(北野天満宮:石の間)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.