いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 東山区の近代建築

河井寛次郎記念館


 河井寛次郎記念館は、柳宗悦らとともに民芸運動を推進した陶芸家・河井寬次郎の住宅兼工房として、1937年(昭和12年)に建てられました。設計は河井自らが行い、大工業を営む実家から兄・善左衛門を呼び施工しました。京都、郷里の安来、飛騨や信州、朝鮮の民家の意匠が取り混ぜられ、河井独特のデザインを造り出しています。囲炉裏のある広間が河井風の特徴です。陶房は1929年頃(昭和4年)に建てられ、登り窯は大正9年以前に築かれ、素焼窯は大正末から昭和初期に築かれました。建物は、国登録有形文化財(第26-0061号から65号)に指定されています。
 
河井寛次郎記念館 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に河井寛次郎記念館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
河井寛次郎記念館 住所:京都府京都市東山区馬町通大和大路東入鐘鋳町他
 

 
東山区の近代建築物
京都国立博物館河井寛次郎記念館関西テーラー東山IVY京都中央信用金庫 東五条支店NTT西日本京都支店祇園別館京都市立清水小学校順正・清水店大雲院書院祗園閣ホテル長楽館祗園甲部歌舞練場八坂倶楽部弥栄会館カーラ・ラガッツァ南座レストラン菊水長谷川歯科医院パビリオンコート蹴上インクラインねじりまんぽ香鳥屋 祇園本店
ページ先頭(東山区の近代建築物:河井寛次郎記念館)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.