いこまいけ高岡 > 奈良県 > 斑鳩町 > 法隆寺

法隆寺 伝法堂

いこまいけ高岡

 伝法堂(国宝:1951年(昭和26年)6月9日指定)は、聖武天皇の夫人・橘古那加智の住居を仏堂に改造したもの(ただし、寺伝では橘夫人(県犬養橘三千代(藤原不比等夫人、光明皇后母)の住居)です。奈良時代の住宅遺構としても貴重です。建物は、桁行7間、梁間4間、一重、切妻造、本瓦葺となっています。多数の仏像を安置していますが、一般公開はされていません。内陣は中の間、東の間、西の間に分かれ、乾漆造阿弥陀三尊像(奈良時代、重文)が安置されています。他に梵天・帝釈天立像、四天王立像、薬師如来座像、釈迦如来座像、弥勒仏座像、阿弥陀如来座像(各木造、平安時代、重文)も安置しています。
 
法隆寺 伝法堂(写真は2008年11月10日撮影)
法隆寺 伝法堂
 
法隆寺 伝法堂 地図(中央のポインターの場所が伝法堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に法隆寺 伝法堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(法隆寺:伝法堂)へもどる。
法隆寺
 

 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.