いこまいけ高岡 > 奈良県 > 斑鳩町 > 法隆寺

法隆寺 綱封蔵

いこまいけ高岡

 綱封蔵(こうふうぞう、国宝:1967年(昭和42年)6月15日指定)は、聖霊院の東に建つ、平安初期の倉庫です。平安時代初期に造られた床の髙い倉で、南北二倉から構成され、中央部を開放の空所にしています。平安時代初期のものとしては、唯一の現存例です。なお、綱封蔵とは、三綱(僧官)が封をする蔵のことです。
 
法隆寺 綱封蔵(写真は2008年11月10日撮影)
法隆寺 綱封蔵
 
法隆寺 綱封蔵 地図(中央のポインターの場所が綱封蔵です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に法隆寺 綱封蔵の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
法隆寺 綱封蔵の写真
高床式
高床式
中央部
中央部
 

 
ページ先頭(法隆寺:綱封蔵)へもどる。
法隆寺
 

 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.