いこまいけ高岡 > 奈良県 > 斑鳩町 > 法隆寺

法隆寺 西院 東南隅 子院築垣

いこまいけ高岡

 西院伽藍の東南隅の子院築垣は、1943年(昭和18年)6月9日に国の重要文化財に指定されました。西面は、長さ82.3m、築地塀、本瓦葺、門二棟を含み、江戸時代前期に築かれました。北面は、長さ203.3m、築地塀、本瓦葺、門五棟を含む(宝光院、弥勒院、実相院、普門院に亘る)で、江戸時代の寛文年間(1661年から1672年)から寛政年間(1789年から1800年)に築かれました。
 
法隆寺 西院 東南隅 子院築垣 北面と西面の一部(写真は2008年11月10日撮影)
法隆寺 西院 東南隅 子院築垣
 
法隆寺 西院 東南隅 子院築垣 地図(赤線が西院 東南隅 子院築垣です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に法隆寺 西院 東南隅 子院築垣の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
1. 東南隅子院築垣
 
2. 南大門
3. 東大門
 

 
ページ先頭(法隆寺:西院 東南隅 子院築垣)へもどる。
法隆寺
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.