いこまいけ高岡 > 奈良県 > 西ノ京 > 薬師寺

薬師寺 大唐西域壁画殿

いこまいけ高岡

 大唐西域壁画殿は、白鳳伽藍の北に1991年(平成3年)に造られた玄奘三蔵院伽藍・玄奘塔のすぐ北にあります。日本画家・平山郁夫が30年をかけて制作した、縦2.2メートル、長さが49メートル(合計13枚の絵)からなる「大唐西域壁画」があります。玄奘三蔵求法の精神を描いた壁画(大唐西域記に出てくる西域からインドへの旅の場面を描いたもの、7場面13枚)を絵身舎利として祀っています。さらに群青色の天井には無数の星が金泥・銀泥?で描かれています。春季(3月1日から6月15日)と秋季(9月16日から11月25日)に一般公開されます。
 
薬師寺 大唐西域壁画殿(写真は2008年11月10日撮影)
薬師寺 大唐西域壁画殿
 
薬師寺 大唐西域壁画殿 地図(中央のポインターの場所が大唐西域壁画殿です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に薬師寺 大唐西域壁画殿の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
壁画の内容
 

 
ページ先頭(薬師寺:大唐西域壁画殿)へもどる。
薬師寺
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.