いこまいけ高岡 > 奈良県 > 西ノ京 > 薬師寺

薬師寺 東院堂

いこまいけ高岡

 東院堂(国宝:1961年(昭和36年)4月27日指定)は、境内東側、回廊の外に建っています。元明天皇の冥福を祈るために皇女の吉備内親王(きびのないしんのう)が養老年間(717年から724年)に発願建立した東禅院が前身です。創建時は、現在の観音池に南面し建てられました。973年(天禄4年)に火災で焼失し、現存する東院堂の建物は鎌倉時代後期の1285年(弘安8年)に現在の場所に建築(桁行七間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦葺)されました。奈良時代の古い平面構造が取り入れられていますが、建築様式的には鎌倉時代の特徴がよくみら、鎌倉時代仏堂の優れた建築物の一つです。東院堂の堂内にある厨子に本尊・聖観音立像を安置しています。また、聖観音菩薩像の四隅には四天王像(鎌倉時代)が安置されています。
 
薬師寺 東院堂(写真は2008年11月10日撮影)
薬師寺 東院堂
 
薬師寺 東院堂 地図(中央のポインターの場所が東院堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に薬師寺 東院堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
聖観音菩薩像の写真  聖観音菩薩像(銅造観音菩薩立像、国宝)は、東院堂本尊です。像高約189センチメートルの背の高い仏像で、金堂薬師三尊像と同じく、奈良時代の金銅仏の代表作の1つです。像の容姿は、若々しさの中に漂う気品と端麗さが特徴で、「祈りが昇華する崇高な姿」として知られています。肩の辺りまで垂れ下がる髪、二重の首飾り、透き通るような衣服、繊細で動きのある美しい指、直立不動の直線的な姿は、奈良時代に中国(唐代初期)を通って流れてきたインド・グプタ朝の影響を受けているとされています。
 

 
ページ先頭(薬師寺:東院堂)へもどる。
薬師寺
 

 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.