いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 七福神、神さま、仏さま

尉と姥


 尉と姥(じょう と うば)は、能の作品「高砂」の登場人物です。夫婦愛と長寿の象徴とされ、大変にお目出度い意匠のため、曳山の御神体や彫刻に多く登場します。
 高砂のストーリーは、九州阿蘇宮の神官が播磨国・高砂の浦にやって来ます。春風駘蕩する高砂の浦は松が美しく、遠く鐘の音も聞こえます。そこに老夫婦(尉と姥)がやって来て、松の木陰を掃き清めます。老人は古今和歌集の仮名序を引用して「高砂の松と住吉の松とは相生の松、離れていても夫婦である」との伝説を説き、松の永遠、夫婦相老の仲睦まじさを述べます。そして、老夫婦は自分達は高砂の松と住吉の松の精である事を打ち明け、小舟に乗り追風をはらんで消えて行きます。
 
高岡御車山 一番街通 本座
尉と姥
 
石動曳山 北上野町 幔幕
尉と姥
 
その他: 八尾曳山 西町 八枚彫新湊曳山 東町 王様石動曳山 御坊町 後屏氷見祇園祭 御座町 高欄海老江曳山 西町 鏡板大門曳山 枇杷首 祭神伏木曳山 寶路町 高欄背面高砂山願念坊祭 曳山 御神体
 

 
七福神と日本の神仏
弁財天毘沙門天恵比寿大黒天福禄寿布袋和尚寿老人釈迦尉と姥住吉明神猩々
ページ先頭(曳山意匠:尉と姥)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.