いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 七福神、神さま、仏さま

寿老人


 寿老人(じゅろうじん)は、道教の神(神仙)で、南極老人星(カノープス)の化身とされています。日本では七福神の一人(長寿の神)です。福禄寿は寿老人と同一神と考えられています。意匠としての寿老人は、不死の霊薬を含んでいる瓢箪を運び、長寿と自然との調和のシンボルである鹿を従えています。また、手には長寿のシンボルである不老長寿の桃を持っていることもあります。
 
八尾曳山 西町 大彫
寿老人
 
春の高山祭 崑崗台 見送り幕
寿老人
 
出町子供歌舞伎曳山 中町 高欄の欄間飾り
寿老人
 
上記以外で「寿老人」がある曳山
 

 
七福神と日本の神仏
弁財天毘沙門天恵比寿大黒天福禄寿布袋和尚寿老人釈迦尉と姥住吉明神猩々
ページ先頭(曳山意匠:寿老人)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.