いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 東山地図 > 清水寺

清水寺 朝倉堂


 朝倉堂(あさくらどう)は、室町時代後期の1510年(永正7年)に越前の守護大名であった朝倉貞景が「法華三昧堂」として寄進したのが始まりで、江戸時代初期の寛永年間に再建された建物です。国の重要文化財に指定されています。拝観受付のある轟門本堂を結ぶ回廊の北側に位置しています。朝倉堂と本堂の間には、仏足石があります。
 建物は、正面五間、奥行き三間、入母屋造、本瓦葺き、正面に蔀戸(しとみど)を吊り、三側面に高欄つきの外縁を廻らせ、全面が塗りの無い白木造りとなっています。朝倉堂の内部には、宝形造り唐様厨子(重要文化財)があり、秘仏の千手観音、毘沙門天、地蔵菩薩の三尊のほかに西国三十三所の観音像が安置されています。堂内は通常は非公開です。
 
清水寺 朝倉堂(写真:2009年10月27日撮影)
清水寺 朝倉堂
 
清水寺 朝倉堂 地図(Map of Asakura-do Hall, Kiyomizu-dera Temple)、地図の赤色マーカが朝倉堂のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に清水寺にある朝倉堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
朝倉堂と周辺の伽藍および見所
1. 本堂 / 清水の舞台
2. 馬駐
3. 仁王門(赤門)
4. 西門
5. 鐘楼
6. 三重塔
7. 経堂
8. 田村堂(開山堂)
9. 轟門
10. 朝倉堂
11. 釈迦堂
12. 阿弥陀堂
13. 奥の院
14. 子安の塔
15. 北総門
16. 鎮守堂(春日社)
17. 成就院
 

 
清水寺の伽藍と見所
清水の舞台本堂地主神社馬駐仁王門西門鐘楼三重塔経堂田村堂轟門朝倉堂釈迦堂阿弥陀堂奥の院子安の塔北総門鎮守堂成就院境内地図
ページ先頭(清水寺:朝倉堂)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.