いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 京都市の近代建築物 > 上京区 > 同志社大学

同志社大学 新島遺品庫


 同志社大学 新島遺品庫は、同志社大学今出川キャンパスの東部(光塩館の南側)にあります。設計は明治時代に多くの西洋建築を手がけ建築家として有名な W.M.ヴォーリズ が行いました。建物は、煉瓦造り平屋の小さなもので大小2部屋から構成されています。収蔵室および陳列室として使用されていましたが、1995年に Neesima Room(常設展示場室)となり、現在は全体を収蔵庫(内部は非公開)として使用されています。同志社の創設者である新島襄(にいじま じょう)関連の書簡、日記、ノート類、説教・演説草稿、公務記録・文書、軸物、絵画などや同志社関係資料、約6000点が収蔵されています。
 
同志社大学 新島遺品庫(写真:2008年11月11日撮影)
同志社大学 新島遺品庫
 
同志社大学 新島遺品庫 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に同志社大学・今出川キャンパス 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
同志社大学の近代建築物
同志社大学 今出川キャンパス: 彰栄館礼拝堂ハリス理化学館クラ-ク記念館有終館啓明館アーモスト館致遠館新島遺品庫明徳館待辰館ゲストハウス(無賓主庵)
同志社女子大学 今出川キャンパス: ジェームズ館栄光館
同志社大学 フレンドピースハウス
ページ先頭(同志社大学の近代建築物:新島遺品庫)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.