いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 芦峅寺

旧有馬家住宅


 旧有馬家住宅(きゅう ありまけ じゅうたく)は、元は立山町榎にあったものを現在地(富山県立博物館のまんだら遊苑)に移築したものです。江戸時代の豪農の代表的な造りの家屋で、屋根は茅葺き、入母屋造り両角屋となっており、釘を1本も使用されておらず、全てほぞ組みで建てられています。この家は通称「とらまどんの家」ともいわれ、明治時代には村役場の庁舎として使用されていました。建築年代は寛政年間(1789年~1800年)の終わり頃と推定され、建物の一部は江戸時代末の寛永年間(1848年~1853年)の中頃に修復されたと伝えられています。1985年(昭和60年)9月28日に立山町の文化財に指定されました。
 
旧有馬家住宅(写真:2011年9月24日撮影)
旧有馬家住宅
 
旧有馬家住宅 正面
旧有馬家住宅 正面
 
旧有馬家住宅 母屋
旧有馬家住宅 母屋
 
旧有馬家住宅 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧有馬家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
 

 
芦峅寺の観光名所
雄山神社(中宮祈願殿)、 立山博物館教算坊布橋灌頂会閻魔堂姥堂基壇カモシカ園明念坂六地蔵菩薩第9番石仏旧嶋家住宅善道坊旧有馬家住宅
ページ先頭(芦峅寺:旧有馬家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.