いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 芦峅寺

姥堂基壇


 姥堂(うばどう)は、江戸時代に芦峅寺中宮寺の最重要行事であった布橋灌頂会の際の中心的施設となっていました。布橋灌頂会は、女性の極楽往生の願望をかなえるための宗教儀式でした。姥堂の内部には中心となる姥尊像3体と全国66カ国に因んだ66体の姥尊像の合計69体の姥尊が安置されていました。布橋を渡り、姥堂に導かれた女性たちは、姥堂での籠もりを行い、更に立山の姿を仰ぐことで身が清められ、極楽浄土に生まれかわれるとされていました。姥堂は、明治時代初期の廃仏毀釈により取り壊され、現在では基壇の土盛りが残されているだけです。
 
姥堂基壇(写真:2011年9月24日撮影)
姥堂基壇
 
姥堂基壇 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に姥堂基壇の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
芦峅寺の観光名所
雄山神社(中宮祈願殿)、 立山博物館教算坊布橋灌頂会閻魔堂姥堂基壇カモシカ園明念坂六地蔵菩薩第9番石仏旧嶋家住宅善道坊旧有馬家住宅
ページ先頭(芦峅寺:姥堂基壇)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.