いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 大日連山 > 秋の大日平へ

大日砦


 登山道から見上げていた崖に取り付いた鉄パイプの構造物「大日砦」と適当な名前をつけましたが、砦や要塞であるわけもなく、現地で見ると作業用足場兼工事事務所(前線基地?)でした。どうやら、2010年の崩落現場の崖をコンクリートで固める工事現場のようです。上部の崖はすでにコンクリート壁として完成、後はその下の方?って状況ですね。大日岳登山口からこの場所まで、私は1時間20分ほど要しましたが、作業員の人は毎日この大日坂を登り下りされているのでしょうか、それだけでも大変な作業です・・・。
 2015年9月30日に大日岳へ登山した時には、工事が完了しており、人工構造物は全て撤去され、事前の状態に戻されていました。なので現状は、大日砦跡です。
 
登山道から見上げた大日砦(写真:2014年10月09日8時43分撮影)
大日砦
 
大日砦 地図(地形図と概略地図および航空写真)、地図の赤線は大日岳登山口から大日平山荘までの登山道、地図の青線は駐車場から滝見台園地までの称名遊歩道(アスファルト舗装)です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大日岳登山口から牛ノ首への登山道にある大日砦の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
大日砦と周辺コースポイント
1. 大日岳登山口:標高 1,040m
2. 大日大岩:標高 1,077mくらい
3. 第1ベンチ:標高 1,130mくらい
4. 第2ベンチ:標高 1,160mくらい
5. 第3ベンチ:標高 1,200mくらい
6. 木の根がゴロリン:標高 1,290mくらい
7. 猿が馬場:標高 1,360mくらい
8. モノレール山腹駅:標高 1,400mくらい
9. 大日砦:標高 1,430mくらい
10. 牛ノ首 西端:標高 1,475mくらい
11. 大日平 西端(木道始まり):標高 1,570m
12. 大日平 1,628m地点
 
さすが砦、容易には近づけません(写真:2014年10月09日8時51分撮影)
さすが砦、容易には近づけません
 
大日砦を俯瞰する(写真:2014年10月09日8時52分撮影)
大日砦を俯瞰する
 
崩落防止工事完了した岩壁(写真:2015年9月30日8時03分撮影)
崩落防止工事完了した岩壁
 
2015年9月30日、大日砦・作業用足場兼工事事務所跡(写真:2015年9月30日8時07分撮影)
2015年9月30日、大日砦・作業用足場兼工事事務所跡
 

 
称名平から大日平
大日岳登山口大日大岩第1ベンチ第2ベンチ第3ベンチ木の根がゴロリン猿が馬場モノレール山腹駅大日砦牛ノ首大日平 西端大日平 第1ベンチ大日平 第2ベンチ大日平 1,628m地点ラムサールのテラス大日平山荘
ページ先頭(大日岳登山:大日砦)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.