いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 大日連山 > 秋の大日平へ

1290m付近


 第3ベンチを過ぎた辺りから登山道が急になり、1290m付近が特に急な登山道で、2014年10月に登った時は斜面に生えていたであろう大木が転がっていました。そして登山道も崩壊しており、滑りやすい状態でした。そんな悪路でしたが、1年後の2015年9月30日に大日岳へ登山したときは、丸太で組んだ階段の登山道に整備され、去年通った場所は何処だっけ?と一瞬考えたほど綺麗になっていました。
 
1290m付近の登山道(写真:2015年9月30日7時44分撮影)
1290m付近の登山道
 
1290m付近 地図(地形図と概略地図および航空写真)、地図の赤線は大日岳登山口から大日平山荘までの登山道、地図の青線は駐車場から滝見台園地までの称名遊歩道(アスファルト舗装)です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大日岳登山口から猿が馬場への登山道にある1290m付近の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
1290m付近と周辺コースポイント
  1. 大日岳登山口:標高 1,040m
  2. 大日大岩:標高 1,077mくらい
  3. 第1ベンチ:標高 1,130mくらい
  4. 第2ベンチ:標高 1,160mくらい
  5. 第3ベンチ:標高 1,200mくらい
  1. 1290m付近
  2. 猿が馬場:標高 1,360mくらい
  3. 牛ノ首 西端:標高 1,475mくらい
  4. 大日平 西端(木道始まり):標高 1,570m
  5. 大日平 1,628m地点
 
木の根がゴロリン(写真:2014年10月09日8時08分撮影)
木の根がゴロリン
 

 
称名平から大日平
大日岳登山口大日大岩第1ベンチ第2ベンチ第3ベンチ木の根がゴロリン猿が馬場モノレール山腹駅大日砦牛ノ首大日平 西端大日平 第1ベンチ大日平 第2ベンチ大日平 1,628m地点ラムサールのテラス大日平山荘
ページ先頭(大日岳登山:木の根がゴロリン)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.