いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 室堂

立山玉殿の湧水


 立山玉殿の湧水は、立山連峰の主峰である雄山(標高3003m)直下にある破水帯から湧き出す(毎秒15立方メートル)地下水が水源です。昭和43年の立山黒部アルペンルートの立山トンネル開削工事で湧き出した水です。日本名水100選です。水温は、5度前後と非常に冷たく多くの観光客や登山者に飲まれています。室堂や立山駅の売店でペットボトルにつめられて販売されているのでお土産にいいかもしれません。まあ、売店で買わずに家からカラのペットボトルや水筒を持参して水を入れるのが普通かもしれません。この「立山玉殿の湧水」という名前は、室堂にある「玉殿の岩屋(たまどの の いわや)」からきています。室堂バスターミナルを出て直ぐの場所にあります。破水帯から湧き出す地下水を流すパイプが地中に埋められ、室堂の山小屋や室堂ターミナルへ供給されており、その一部が「立山玉殿の湧水」となっています。どこかに蛇口が設けられており、積雪期は水が出ておらず、雪解けを待って供用開始となり(例年6月中旬から下旬頃)、雪が本格的に積もり始める11月上旬から中旬頃にその年の供用終了となります。
 
立山玉殿の湧水(写真:2007年8月1日14時33分撮影)、背景の山は立山です。古い写真ですが「立山、夏!」って感じで好きな一枚です。
立山玉殿の湧水
 
2016年6月11日、立山玉殿の湧水(写真:2016年6月11日15時07分撮影)、2016年シーズンの立山玉殿の湧水、供用開始日でした。
2016年シーズンの立山玉殿の湧水、供用開始日
 
2017年6月22日、立山玉殿の湧水(写真:2017年6月22日8時33分撮影)、まだ供用開始前で水は出ていませんでした。
2017年6月22日、立山玉殿の湧水
 
2017年6月23日、立山玉殿の湧水、供用開始(写真:2017年6月23日13時59分撮影)、2017年シーズンの立山玉殿の湧水、供用開始日でした。、供用開始は事前アナウンスは無く、「始まったよ〜」といった感じで立山黒部アルペンルートのWebサイトで「お知らせ」が案内されます。なお開始日は雪解けに合わせてとなるので毎年変わります。
2017年6月23日、立山玉殿の湧水、供用開始
 
2006年7月26日曇り、立山玉殿の湧水(写真:2006年7月26日16時03分撮影)
2006年7月26日曇り、立山玉殿の湧水
 
2014年7月29日曇り、立山玉殿の湧水(写真:2014年7月29日15時42分撮影)
2014年7月29日曇り、立山玉殿の湧水
 
2008年7月30日晴れ、立山玉殿の湧水(写真:2008年7月30日8時09分撮影)、背景の山は真砂岳です。
2008年7月30日晴れ、立山玉殿の湧水
 
2015年9月15日、立山玉殿の湧水(写真:2015年9月15日14時06分撮影)
2015年9月15日、立山玉殿の湧水
 
2016年9月27日、立山玉殿の湧水(写真:2016年9月27日8時13分撮影)
2016年9月27日、立山玉殿の湧水
 
2016年10月15日朝、立山玉殿の湧水(写真:2016年10月15日7時19分撮影)、立山の日の出は遅いです。
2016年10月15日朝、立山玉殿の湧水
 
2016年10月16日、立山玉殿の湧水(写真:2016年10月16日12時03分撮影)
2016年10月16日、立山玉殿の湧水
 
2015年11月12日、立山玉殿の湧水(写真:2015年11月12日14時37分撮影)
2015年11月12日、立山玉殿の湧水
 
2014年11月08日晴れのち曇り、立山玉殿の湧水(写真:2014年11月8日15時57分撮影)
2014年11月8日晴れのち曇り、立山玉殿の湧水
 
2016年11月13日晴天、立山玉殿の湧水(写真:2016年11月13日12時08分撮影)、寒いので水を水を飲む人は少なく、記念写真に興じるアジア系の観光客がほとんどでした。
2016年11月13日晴天、立山玉殿の湧水
 
立山玉殿の湧水は、11月中旬から冬篭り(写真:2014年11月20日14時18分撮影)
冬季は積雪と凍結対策のため、11月上旬で供用停止となります。2014年は11月9日(日)で終了でした。
立山玉殿の湧水は、11月中旬から冬篭り
 
2015年シーズン最終日、立山玉殿の湧水(写真:2015年11月30日10時11分撮影)
2015年シーズン最終日、立山玉殿の湧水
 

 
立山室堂の見所
室堂山荘立山玉殿の湧水玉殿の岩屋地獄谷みくりが池みどりが池りんどう池血の池エンマ台展望台
室堂平のホテルと山小屋およびテント場
ホテル立山みくりが池温泉立山室堂山荘らいちょう温泉 雷鳥荘雷鳥沢ヒュッテロッジ立山連峰雷鳥沢キャンプ場仮設野営指定地
ページ先頭(室堂:立山玉殿の湧水)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.