いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 伏木曳山祭

けんか山

いこまいけ高岡

 提灯山に姿を変えた山車は、18時半ごろに山倉を出発し、19時ごろに氷見伏木信用金庫前に6基の山車が勢ぞろいします。その後、3基ずつに別れ本町広場と法輪寺前に向かいます。19時半頃からそれぞれの場所でかっちゃ(けんか山)を行います。重さ8トンもある山車が勢いをつけて真正面からぶつかり合うさまは豪快の一言に尽きます。かっちゃ終了後は、奉曳順路に沿って各町内を廻ります。22時半頃に2回目のかっちゃが行われます。終了後、奉曳順路に戻り、伏木神社礼拝を行い伏木曳山祭が終わります。
 けんか山は、富山県西部では有名な祭のためかなり人出が多く、真近で見るのは困難です。出来るだけ早く(18時頃)行って場所取りをするか、比較的人が少なくなる2回目のかっちゃを見るのが良いと思います。
 
法輪寺前(伏木支所通り)でのけんか山の様子(手前:中町の山車、奥:湊町の山車)
けんか山
 
伏木曳山祭 「けんか山(かっちゃ)」の動画(2010年5月15日撮影)

 

 

 
ページ先頭(伏木曳山祭 けんか山)へもどる。
伏木曳山祭
 
富山県西部ホテル
富山県西部のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.