いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 伏木曳山祭

山車

いこまいけ高岡

 伏木曳山祭に参加するのは、中町(なかまち)、上町(かんまち)、本町(ほんまち)、寶路町(ほろまち)、石坂町(いっさかまち)、湊町(みなとまち)、十七軒町(じゅうしちけんまち)の7町です。十七軒町以外の6町に山車があります。十七軒町の山車は、明治時代の伏木大火で焼失し、現在は神座に飾る寿老人(平成16年復元の井波彫刻)のみとなっています。
 花山車は、見た感じ高岡市街中心部で行われる御車山祭(5月1日)の曳山とそっくりです。違いは、「下山(したやま)」と呼ばれる下部構造にあります。夜の「かっちゃ(ぶつかり合い)」でも壊れないように頑丈な木組みが施されています。花山車の上部は「上山(うえやま)」と呼ばれ、だし(鉾留)、花傘、標旗、神座(操り人形(前人形)と福神)、高欄などがあります。山車構造図
 提灯山車は、昼間の花山車の上山の装飾を外し、約360個の提灯をぶら下げます。「かっちゃ」でぶつかり合った時の揺れる提灯がなかなか綺麗に見えます。
石坂町の花山車(字山車)
花山車
中町の提灯山車
提灯山車

各町の山車(全6台)

中町
中町
上町
上町
本町
本町
寶路町
寶路町
石坂町
石坂町
湊町
湊町
十七軒町
十七軒町

(現存せず)
 

 

 
ページ先頭(伏木曳山祭 山車)へもどる。
伏木曳山祭
 
富山県西部ホテル
富山県西部のホテルと旅館

Copyright © 2006-2012 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.