いこまいけ高岡 > 射水市

新湊弁財天

いこまいけ高岡

 現在の富山新港は、放生津潟と呼ばれる干潟でした。潟には龍神が棲むと伝えられ、明和4年(1767年)には放生津潟の中心部に島を築き海竜大明神が祀られました。その後、弁財天も祀られ、明治期には浦島太郎も祀られるようになりました。昭和30年代後半に富山新港の工事が始まり、完成とともに昭和42年に現在地の片口地区へ社殿が遷座しました。現在見られる高純度アルミ製の新湊弁財天(本体部分の高さ9.2メートル)は、昭和61年(1986年)8月に建立されました。たぶんアルミ製の立像は日本でここだけです。
 なんでアルミ?かと言うと(私の推測)答えは「富山新港」です。富山新港は新産業都市構想のキーとして建設され、精錬から加工までのアルミコンビナートの計画でスタートしました。石油ショックの影響でアルミ精錬は消えましたが、現在でもアルミ加工工場が周辺に多くあります。
 
琵琶を奏でる新湊弁財天
新湊弁財天
 
新湊弁財天の全体像
全体像
 
新湊弁財天地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に新湊弁財天の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県射水市片口
 
新湊弁財天周辺の観光スポット(距離は、直線距離です)  

 
ページ先頭(射水市:新湊弁財天)へもどる。
射水市観光名所
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.